Information

お知らせ

2019.01.11

山梨県知事候補 後藤ひとし 立候補決意表明(県民の皆さまへのメッセージです)

山梨県民の皆さま。山梨県知事選挙に立候補しました、後藤ひとしです。

現在取り組んでいる県の総合計画「ダイナミックやまなし」をさらに加速させ、生まれ育った愛するふるさとを「暮らし日本一山梨」にする。そのために、引き続き知事として先頭になって働かせていただきたく決意を固め、立候補しました。

今回の山梨県知事選挙。私はテーマに、「県民による県民のための政治」を掲げました。この激動の時代、何よりも大切なことは、中央とのパイプを強調することではなく、県民自らが地域を創造することであると考えたからです。県政の課題をしっかりと理解し、政策を実行していくことを、皆さまにあらためてお誓い申し上げます。

4年前、私は皆さまの暖かいご支援を受け、知事に就任しました。本当にありがとうございました。この4年間、全身全霊を捧げて県政の課題に取り組み、多くのことを実現できました。

海外からのお客さまは過去最高を記録し、移住人気も常に全国トップクラスを維持できました。豊かな自然、おいしい食べ物…。山梨の強みを生かし、山梨ブランドを磨き上げることで、県外そして海外からも選ばれる地域になってきました。

農業生産額は、17年ぶりに1,000億円を超えました。子育て支援や人口減対策では、全国知事会で3年連続1位を獲得できました。公立小中学校の耐震化率も100㌫を達成できました。

この4年間の経験と成果に加え、これから新たな課題にも積極果敢にチャレンジしていきます。

「ダイナミックやまなし第2ステージ」と題し、具体的な取り組みの方向性を5つの力に整理しました。

1つ目は「先進力」。世界中から人々が集まる「世界に誇れる山梨」を実現します。成長産業や人々が集結するリニア環境未来都市をつくります。更に、経済、社会、環境をバランスよく発展させ、地方創生を推進するSDGs先進都市を構築します。

2つ目は「産業力」。山梨のあらゆる産業を大きく大きく伸ばします。オリジナル品種の育成や産地化で、儲かる農業を実現します。そして、長分野の中小企業の支援をさらに進めていきます。

3つ目は「地域力」。子供、女性、高齢者、誰もが日本一暮らしやすいと思える山梨をつくります。子育て支援として、在宅で育児を行う世帯へも支援を広げていきます。教育では、少人数教育をさらに充実させます。福祉では、「健康寿命日本一山梨」を推進し、豊かなシニアライフを支援します。

4つ目は「安全・安心力」。災害に強いまちづくりを勧め、皆さまの安全・安心を守ります。新々御坂トンネルなどを整備し、災害対応力を高めます。公共施設や道路の耐震化もさらに進めていきます。

5つ目は「実行力」。後回しにしない、確実に成果を生み出す行政運営を加速させます。人工知能など最新技術を活用してスマート自治体に転換し、皆さまが利用しやすいサービスを充実させます。子や孫の世代に負担を残さないよう、県の借金である県債等残高もさらに削減していきます。

以上、山梨の未来を輝かせる5つの力で、ダイナミックやまなし第2ステージに取り組み、暮らし日本一山梨を実現していきます。

さて、皆さま。県民対権力の厳しい戦いです。政治の主人公は県民ひとりひとりの皆さまです。私は、「県民による県民のための政治」を高らかに掲げて、この戦いに勝ち抜く思いです。

自然に恵まれ、おいしい食べ物が豊富で、人情に厚い。そんな山梨が私は大好きです。愛するふるさと山梨のため、県民の皆さまの暮らしを第一に考え、力の限りを尽くして取り組んで参ります。

どうぞ、後藤ひとしに力強いご支援をよろしくお願い申し上げます。

トップページに戻る

SNS

ソーシャルネットワーク

SNSにて政治活動などの情報を発信しています。ぜひご覧ください。